レディ

パソコンが起動しないというトラブルが起こったら専門業者へまず相談

大事なデータを保護する

ネットワーク

メディアへの複製が不要に

現代においては法人・個人を問わず多くの人がパソコンでデータの作成や管理を行っていますが、そこで課題となるのがそうしたデータのバックアップです。パソコン内のデータには本体の破損、停電、記録装置の経年劣化等によって消失あるいは読み出し不能となるリスクが常につきまとっています。また、マルウェアへの感染や誤消去等によって人為的に失われてしまうこともあります。従来、データのバックアップは個々のパソコンごとにDVD-Rなどの外部記録メディアに複製データを保管しておくという対処法が一般的でした。しかし最近では、より大量のデータをより効率的にバックアップできるサービスが実用化されています。それがクラウドバックアップです。

組織全体のデータを保護

クラウドバックアップとは、クラウドすなわちオンラインネットワーク上にあるパソコンのデータをそっくり別の場所に保管できるサービスです。具体的にはサービス事業者が提供するサーバ内に保管されますが、遠隔地に分散して保管されるのが一般的なため、たとえば大規模災害などの場合でもデータが失われてしまうリスクが大幅に低減します。クラウドバックアップでは、複数のパソコン内のデータを保護の対象とすることができます。そのため、たとえば会社で使用しているすべてのパソコン内データをそっくりバックアップすることも可能です。さらに製品によっては、1日ごと、あるいは数時間ごとにデータを自動的に転送する機能を備えているものもあります。これを利用すれば、ユーザーが指示を出さなくても最新のデータを保存することができます。