レディ

パソコンが起動しないというトラブルが起こったら専門業者へまず相談

情報資源の保管場所

ファイル

震災時に備えて

従来の考え方の中には、自社内でファイルサーバを設置する方が望ましいと言われていた時代もありました。機密ファイルを極力外部に流さないためです。近年の考え方におけるファイルサーバは、クラウドによる姿が望ましいと判断されています。ファイルサーバをクラウドに置いておけば、震災時に直ぐに利用する事も出来るためです。従来よりもセキュリティの技術が向上した背景も理由として挙げられています。震災時は、オフィスが直ぐに利用出来るとも限りません。ファイルサーバをクラウドに置いておけば、様々な場所からアクセスを行い仕事を行える可能性もあるでしょう。クラウドとしてのファイルサーバ設置場所は、公開されていない事がほどんどです。セキュリティの問題に関わってくるためです。ただし、一般的に震災にも強い場所に設置されていると言われているのです。そのため、自社で設置する場合よりも安心をして利用する事も出来ます。

経費削減と効率化

自社でファイルサーバを設置する場合は、設置するための空間はもちろんの事、空調管理や管理者を置かなければなりません。トラブルに備えて、人材を置くのは無駄な人件費が発生します。ファイルサーバをクラウド型にすれば、サービスを提供する企業が全て行ってくれるのです。クラウドによるメリットの中には、多くの企業が利用する事によって安い利用料金体制を作り出している事も挙げられるでしょう。容量を増やす場合においては、増設の費用をかける必要性もありません。柔軟に利用出来るメリトも、クラウドにはあるのです。情報資源は、企業にとって大切な資産です。現在、必要では無い情報でもいつ何時、大切な情報に変わるかもしれません。ファイルサーバは、利用しやすいクラウド型を求めるのもポイントです。